ミズノ日記

ミズノ日記

トイレのリフォームをお考えの方もいらっしゃるでしょう。

リフォームをしたいけど…どこに頼んでいいのか迷ってしまうものです。

 

一般的にトイレリフォームの費用は20~50万円ぐらいで、本体と工事費などを含めた費用です。

トイレ本体の選び方で金額はかなり変わります。
最新の機能がついているものはかなり高額になり、必要最低限の機能のものならコストを抑えることができます。

 

安い機種でも機能やデザイン共に良質な製品を購入することができます。
本体価格を安く抑えるにはトイレリフォームに特化した店舗に依頼することをオススメします。
このような店舗では、本体・水栓器具や細かなパーツの調達にかかるコストが安いのでリフォーム代を安価にできます。
また自社施工なら、下請け会社に依頼しないので仲介料なども発生しません。
トイレはトラブルが多いのでアフターケアの面も重要です。

 
ミズノ住設では、これら全てを一貫して行なっています。ホームページ上でも施工事例として掲載していますので、興味のある方はご覧ください(^^)/

 


こんにちわ、水野です(^^)/
夏の暑さも終わり、随分と過ごしやすくなってきましたね。
さて今回は、“狭くて小さいお風呂を広くしたい”とお悩みの方にご提案です。
「広くしたいけど、マンションでは無理!」
「増築するには、費用がかかるし…」
と言ったお考えの方もいらっしゃるでしょう。
それ以外に方法があるなら、、、私、水野が解決策をご紹介します(^^)/

 

【出窓を取り付ける】
出窓はもとは外壁・窓だった部分を数センチ外側に出すことによって、お風呂場に割くスペースを広くする方法です。
この方法は、増築の際の基礎工事の手間が省けるので、時間・予算がおさえることができます。
また、外部から光が入ることで精神的にも浴室全体が広くなったような気分になります。
浴室側に出窓があれば浴槽が広くなり、洗面側に出窓があれば、棚を設置できるため、スッキリした空間になります。

 

【住居内で一部をお風呂場に割く方法】

今あるお風呂場の壁を一部取り壊す、または隣接している脱衣室の面積を減らす方法があります。
これは内部スペースを確保する方法なので、マンションにお住まいの方でも可能かと思います。

生活における不便が出ないことにも配慮しています。

 

お風呂を広くする方法を2つご紹介しました。
その他にも、いろいろなお風呂リフォームを承っています。
お気軽にご相談ください(*‘∀‘)

 

 

 

 

 


ページ上部へ