お役立ちコラム

失敗しない水まわりリフォームのポイント①

こんにちは! 水野です。

 

今年も半年が過ぎ、暑い季節がやってきましたね!

 

皆さん、熱中症には十分気をつけてください。

 

今日は、「失敗しない水まわりリフォームのポイント」をご紹介したいと思います。

 

 

 

水まわりリフォームのタイミングは大体15年~25年と言われています。

 

タイル張りの浴室の場合は築20年を過ぎると、土台部分の腐食が進んでいる場合がよ

 

くあります。

 

 

 

原因は小さなひび割れなどを放置して、水を吸い込んで内部で腐食が進み、水漏れや

 

シロアリの被害が多くみられます。シロアリは湿気が多く暖かい所を好みますので、浴

 

室のシロアリ被害は目立っています。

 

 

隣接する脱衣所の床が“フワフワ”という事になっていれば、浴室のみならず、脱衣室の

 

床組までシロアリの被害が及んでいる可能性があります。

 

 

タイミングを逃し、構造部分にまで腐食が進んでしまうと、リフォーム費用もかさみ

 

ます。

 

 

また、築20年前後になると、浴室内のカビも目立つようになり、お掃除も大変になり

 

ます。

 

キッチンでは汚れや使い勝手が気になります。もっと快適に暮らしたいという思いから

 

も、水まわりリフォームのタイミングかもしれません。

 

 

 

トイレに関してですが、これも大体20年前後が目安です。

 

 

便座に至っては、陶器ですので割れない限り使えますが、トイレの床や、壁紙などの劣

 

化が目立ってきます。

 

 

水まわりリフォームのタイミングは、設備の劣化時期と不便さとの両方の時期を兼ね

 

合わせ、築15年過ぎから計画、築20年を目安に実施するといいでしょう。