ミズノ日記

ミズノ日記

夏場、冷房をつけてもなかなか室温が下がらない…ということはありませんか?

 

窓に直射日光が当たってしまうと窓やカーテンが熱を持ち、室温が上昇してしまいます。

 

そのため夏の日差しには室外の対策が重要になります!

 

日よけにはシェードやオーニングなどさまざまな種類がありますので、いくつかご紹介します(^^)

 

 

シェード

 

日よけシェードは日陰のスペースを設ける

 

ことができるため、西日の直撃を防ぎ、

 

室内に暑い空気が入るのも防いでくれます。

 

目隠し効果がありながら、室内から外は

 

見えやすいのも利点です。 生地色が濃いほど日射カット率が高くなります。

 

 

オーニング

厚手のテント生地で作った

 

庇(ひさし)のようなものです。

 

家の外側に設置して日差しを調整したり、

 

雨をよけたりすることができます。

 

オーニングは可動式で角度や出幅を

 

自由に調節できるものが多いため、

 

低い角度から差し込んでくる西日への対策も可能です。

 

 

ポール 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁にポールを設置し、簾(すだれ)やよしずを掛けたり、

 

ネットを張ってグリーンカーテンを作ることもできます。

 

簾やよしずは窓ギリギリに設置するよりも、

 

少し離した位置に設置する方が遮熱効果は高くなります。

 

また遮熱性能に優れていながらも、風通しが良好であることが大きなメリットです。

 

 

もうすぐ夏本番!

 

設置する方角や、雨よけ・目隠しの機能が必要かどうかなどを考え、

 

ご自宅にぴったりの日差し対策を選びましょう♪

 


ページ上部へ