ミズノ日記

ミズノ日記

階段などの大きな段差であれば、自然と意識して足が上がるものですが、

 

怖いのは「ちょっとした」段差です。

 

普段意識しないくらいの小さな段差ほど、

 

逆につまずきやすく 転倒のリスクが高いのです…。

 

継続して安全に暮らしていくためにも、

 

家の中の段差を把握し、なるべくなくしておきましょう!

 

 

小さな段差を解消するにはいくつか方法があります。

 

 

居室と廊下の境目にある敷居や、戸枠の突出部分を撤去するリフォームを行えば、

 

段差そのものがなくなりフラットになるので安心です。

 

 

 

また、屋内用スロープやすりつけ板といわれるものを、

 

段差部分に設置するだけでもつまずき予防になります。

 

工事不要で、DIYで設置できるのでお手軽です♪

 

ただし、傾斜ですべりやすくなるので、すべり止めを貼るのがおすすめです。

 

 

部屋一面が全体的に平たんでない場合には、床を重ね張りして

 

全体の床面の高さを同じにする方法もあります。

 

 

段差解消リフォームは、介護保険の対象となり補助金を受けられる場合があります。

 

ちょっとしたことですが、リフォームの際には床の段差もチェックしてみてくださいね(^^)

 

 

 


ページ上部へ